中国の仮想通貨“最新ニュース”お届けするサイト

中国の仮想通貨事情を、いち早く毎日お届けしています。

  1. 未分類
  2. 110 view

ビットコイン 将来は「どこからどこへ」

ビットコインは2月初に急落したが、その後価格が段々回復し、先週には11,720ドルまで上昇したところで、半ヶ月で上げ幅が95%達した。アナリストの話によると、底値で買おうとする投資者にとっては非常に重要な時期でもあるが、政府の態度や規制監督政策によって影響されているそうである。しかも、将来はビットコインは大幅に波動する可能性が考えられる。

価格が「激動」している原因はなに

2月初、ビットコインは1万ドルから6,000ドルまで下落したところで、下げ幅が50%近く達した。しかし、先週からビットコインはリバウンドし続け、価格は1,2000ドルまで達したところで、半ヶ月以来の上げ幅が倍になった。だが、本週の月曜日になると、ビットコインは再び下落した。Bitstampのプラットフォームで示した最新価格を見れば、ビットコインは一度9,800ドルのラインを下回った。と同時に、第二位のイーサリアムは2月6日に565ドルという低位に下落した後から段々回復し、二週間内に56%上昇し、現在値は880ドルとどまっている。尚、リップルの価格動向は前述二つのデジタル通貨と似て、二週間内には77%上昇した。

アナリストの話によると、ビットコイン価格は過去になぜ下落したかといえば、諸国政府がデジタル通貨のマーケティングや開発を認可しなかった為だった。特に韓国政府は暗号通貨引取場を禁止しようとしていた為、ビットコインはその大きな影響を受け、下げ幅が30%超えた。次第に、一部の国はデジタル通貨のマーケティングや開発を認可しないこと表明した時点で、2月に世界中のデジタル通貨の先行きを曇らせていた。

フランス財務大臣ブリュノ・ル・メール、ドイツ財務大臣代理ペーター・アルトマイアー、フランス銀行社長デガノ、ドイツ連邦銀行社長イェンス・ヴァイトマンは皆ビットコインを始めとする暗号通貨を、引き締まることを呼びかけていた。このような暗号通貨は「投資者に大きな脅威をもたらす可能性がある」ことから、金融システムの長期安定性に影響をもたらすであろうと、ジートウェンティ加盟国の財務大臣に送った手紙の中で以上のように書いた。

先週ビットコインは迅速に回復したことに関してアナリストの話によると、投資者の情熱が依然として政府態度や規制監督政策に左右されているようである。今、各国政府はデジタル通貨に対しての態度は相変わらず曖昧である為、投資者にしても金融機関にしてもデジタル通貨の先行きを把握することもできないようである。

交通銀行金融研究センターの高級研究員何飛はインタビューの中で、2月にビットコインが一度上昇した原因を以下のように言及した、「まず、去年の12月に1,9000ドルを上回ったことに対して、今年の2月初にビットコインが68%下落したが、底値で買おうとする人にとっては、心理的価格設定は相場に比べてまだ高めであった;次、ビットコインは最近一部の国に認可されて、それに「良い」ニュースに敏感に反応する。と同時に、各国の別々な規制・監督態度も異なる為、投資者が僥倖心理を持っている;第三、2月初米国株式市場の急落という影響を受けて、グローバル市場に恐慌をもたらした為、ビットコインはある程度のリスク回避効果を持つと見られて人気が集まるようになった。第四、韓国を含み一部の国の人はビットコインに対して需要が大きいことから、政府に暗号通貨引取の合法性を認可していただくように圧力をかけている;第五、最近ブロックチェーンという概念はヒットになった。ビットコインは過去からブロックチェーンに応用したことがある為、市場においてある程度の価値や意義を持つと考えられている。しかしこの中で、ブロックチェーンとビットコインの間の関係を歪め、暴利を貪る者がたくさん居る為、市場ではこういう現象もはや無視できなくなる。

一部の国は立場を変えた

特に、韓国監督部門は暗号通貨に対する立場を変えた。
韓国メディアの報道によれば、今年以来韓国政府はデジタル通貨引取を次々に手厳しく打撃を加えようとしているので、複数の韓国の銀行がデジタル通貨引取をするための口座を開く意欲がなくなった。でも、韓国金融監督管理局(FSS)責任者ChoeHeungーsikはここ数日に表明した話によると、韓国政府がデジタル通貨「引取正常化」に対して支持を表明し、銀行とデジタル通貨引取所の間の引取や連携を励ましていくそうである。

日本はデジタル通貨を一番早く開放した国の一つである。デジタル通貨を投資して収益を受け取った投資者は、2月16日から3月15日まで国税庁へ申告に行くことになっていると国税庁は数日前発表した。税率は累進課税制をとり、15%から55%前後まで課税する(日本国税庁の規定により、もし投資者はデジタル通貨投資の中で年間収益が4,000万円・約36.5万ドルを受け取ったとすれば、超過分が55%の最高税率に適用する)。

調べるところにより、今現在日本円は主要な決済通貨である。世界中の半分のビットコイン引取の中で、日本円を通じて決済されているようである。

「日本はビットコインに対しての課税を通じて、それが合法的な投資品として認可する意図を示した」と中南財経政法大学産業転換と地域金融湖北省協同イノベーションセンターの李虹含はジャーナリストに話し、その一方で「課税種類から見ると、税収は財産税、所得税、行為税、流通税が四つある。日本を始めるとする国々は、ビットコインが国民の富や資産を象徴する財産であると認識し始めている。課税種類から見れば、政府の仮想通貨に対してのポジティブな態度が察せる。」にも言及した。

しかし、何飛から見ると、日本はビットコインを始めるとする暗号通貨に対して課税するのは不思議ではないことである。「2014年、日本内閣すでにはビットコイン引取に対して課税する要求を提出し、それは通貨ではなく商品であると明確させようとしていた。ビットコインのオンライン引取で所得をもらった、買い物で使用した、またそれの引取によって収益を生み出した企業は皆課税対象となる。今、日本はビットコイン引取量最大級の一つの国であり、暗号通貨に対して再び課税した事情が現状に相応しいのである為、ビットコインのマネーゲームを防ぐことに良い影響が与えるであろう。他の国にも、そのような監督政策を参考していただく意義もある。」
ビットコインは一度犯罪者に脱税・犯罪道具として悪用されていた為、課税することによりそういう現象を抑えるようになるであろう。勿論、仮想通貨引取の中で匿名性があり、課税している時に色々な挑みが現れている為、日本は4年ぶりに再び課税政策を打ち出したわけである。

それで、暗号通貨は完全に消えていかないわけである。JPモルガン・チェースの展望レポートによると、ビットコインはなぜ様々な形式や形態で生存していくことができるかといえば、プレイヤーはその非中央集権型および点から点へのネットワーク、匿名性に大きな期待を持つ為である。

グローバル通貨市場時価総額は今86万億ドルであるが、将来はその半分以上はデジタル通貨が占めるようになると、ベンチャーキャピタル株式会社DraperFisherJurvetsonの創業者ティム・ドライパーは最近表明した。

大幅に波動する可能性がまだある

国際市場においてデジタル通貨が評判となるに加え、良いニュースも出てきた為、技術面では新たなサポートラインができ、沢山のアナリストはビットコインの先高を見越している。

研究機構CanaccordGenuityによって発表された最新研究レポートによると、ビットコインの歴史価格が示しているところ、数ヶ月にわたった調整の後、価格がこれからの数週間内に急騰して行くと考えられる。

「2018年、機構はビットコインの主要な参加者として登場し、その市場規模が2017年の個人投資者の百倍以上にも上回るため、価格が上昇していくことは見越してある。また、グローバルICO規模が大きくなるにつれて、ビットコインとイーサリアムの交換に必要とする応用空間が提供できるようになる。したがって、アメリカおよび日本、韓国を始めるとする国の監督機構は新技術および新市場、新製品開発を保護する重要な手段として、まず課税政策から突破したわけである。」中国銀行上海市支店育成センター研究員邵偉の分析は以上のように分析している。

その一方でビットコインの大きな変動率にディーラーは興味を持つが、広く応用される資産として大幅な波動が好かれない。ビットコインの過去の動きに基づいて、デジタル通貨変動率は株、大口商品投資運用セットなどの商品より10倍以上にもなると考えられる。

何飛の話によると、ビットコインに関する争議がまだまだ続き、各国での法定通貨研究開発が始まったばかりであり、またビットコインへの監督を各国政府も一致に達していない為、ビットコインは将来大幅に波動する可能性があり、市場で「良い・悪いニュース」が出て来る度に、こういう波動は激しくなるそうである。

確かに、アメリカおよび韓国、中国などの国のみ、仮想通貨引取に対するそれなりの政策を打ち出したが、ビットコインの監督問題は世界中にわたってまだ一致に達していない。暗号通貨はこれから存在し続けるが、グローバル通貨になるのはまだ先の話である。今値上がっている通貨はまだ少なく、次々と打ち出した監督政策も投資者の情熱に打撃を与える。今月に発表されたゴールドマン・サックス証券のレポートによると、これから大半のデジタル通貨は価格がゼロに下落する可能性がある。

引用元:http://www.btc798.com/article-17287-1.html

未分類の最近記事

  1. 暗号化を使用して融資を申請することはできますか?

  2. Bitcoinの謎は、ETFの拒絶、銀行家の収穫または経済サイクルの崩壊ですか?

  3. 2030年までに、ブロックチェーンは銀行に年間270億ドルを節約します!

  4. 日本のバーチャル通貨取引協会が自主規制機関の認証を申請する

  5. 鉱業競争力を向上させ、ソニーは2つの特許を開始

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


LINE@友だち追加募集!今すぐ無料で登録

最新記事

  1. お役立ち情報

    17上場金融会社はブロックチェーンとサプライチェーンの組み合…
  2. お役立ち情報

    SECは最終的にBitcoin ETFを承認しなければなりま…
  3. お役立ち情報

    通貨市場が下落した!これらの国は、”揚げたコイン…
  4. お役立ち情報

    寒い冬、GMOオンラインCサイドスポット先物取引

カテゴリー

  • カテゴリーなし
2019年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP